東海岸ヒップホップの伝説的存在ノトーリアスB.I.G.(The Notorious B.I.G.)。CDの買取人気が高い作品とは? | CD高価買取! | エコストアCD買取センター

エコストアレコード
FTF株式会社はプライバシーマーク取得企業です 簡単!お申込!メールはこちら

携帯・スマホからもOK!土日・祝日も承ります

0120-888-378

24時間電話受付中!(20:00~9:00留守電対応)

CD買取についてのコラム

東海岸ヒップホップの伝説的存在ノトーリアスB.I.G.(The Notorious B.I.G.)。CDの買取人気が高い作品とは?

東海岸ヒップホップの伝説的存在ノトーリアスB.I.G.(The Notorious B.I.G.)。CDの買取人気が高い作品とは?

ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)はアメリカのMCでありラッパーです。1990年代のアメリカ東海岸のヒップホップシーンに大きな影響を与えたアーティストとして知られており、現在も作品を買い求める人が後をたちません。この記事ではノトーリアス・B.I.G.の作品やアーティスト性に触れた上で、買取で人気があるCD作品について解説します。

 
 

ストリート生まれの天才「ノトーリアス・B.I.G.」!その足跡


 

1972年、ノトーリアス・B.I.G.ことビギー(Biggie)は、ニューヨークのブルックリンにジャマイカ系移民の子として生まれました。本名はクリストファー・ジョージ・レイトア・ウォレス(Christopher George Latore Wallace)です。身長190cm・体重136kgという、アメリカ人からみても大きな体格をしているため、日本では「ノトーリアス・ビッグ」とも呼ばれることもあります。ですが、MCネームでもある「B.I.G.」の正しい発音は「ビーアイジー」です。これは「Business Instead of Games」の略です。

ノトーリアス・B.I.G.のアーティスト性を語るのに、彼が生きた世界を語るのは必然といえます。彼は2歳で父を亡くし、保育園で教師を務める母によって育てられました。子ども時代の彼は、知的好奇心が強い弁舌が立つ少年として知られており、ときには大人に疑問を投げかけて口答えをしていると勘違いされるほどでした。後の彼が書き記したライムには、ストリートで使われるスラングだけでなく、白人独特の言い回しや、テクニカルな文語表現が数多く使われているのが見てとれます。彼の言葉選びの原点は、少年時代の教育・知識・経験にあるようです。

しかし、彼が住む当時のブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区は、治安が非常に乱れており、豊かな生活を営む若者のほとんどはギャングの構成員という状態でした。母の愛情と適切な教育を受けながらも、犯罪とクラックがまん延する世界の中で育った少年時代のビギーは、周囲の子どもたちと同じくギャングを志します。成長とともにギャングとの交友が深くなり、ドラッグの売買など犯罪行為にも手を染めていくようになりました。

荒んだ生活のなかでも人は楽しみを見つけるものです。ビギーは次第にラップに傾倒していきます。特に興味を持ったのはフリースタイルのラップバトル。クラブやストリートでその腕を磨き、自身でもライムを書き溜めていくようになりました。日がなラップを口ずさむビギーでしたが、母はあまりラップが好きではなく、ただの騒音だと思っていました。そんな彼女に「近い将来、この騒音で大金持ちになれる」と彼は言ったそうです。

ギャングとして過ごすかにみえたビギーの運命が変わったのは17歳のころです。ビギーは近所に住んでいたDJグランとともに、デモテープを作ります。彼の才能に気づいていたDJグランは、デモテープを音楽プロデューサーのミスター・シーに聞かせました。これによって彼の存在は音楽関係者の知るところとなります。デモテープはたちまち絶賛されるようになり、ヒップホップカルチャー最大の専門誌「ソースマガジン」でビギーの特集が組まれました。さらにこの記事はプロデューサーであるショーン・コムズの目に留まり、彼は「アップタウン・レコード」と契約を結ぶことになります。

「アップダウン・レコード」ではメアリーJ・ブライジの「Real Love」や「What’s The 411」のリミックスにビギーは参加しました。その後、B.I.G名義でソロデビュー曲「Party And Bullshit」を発表。この作品にはビギーのフリースタイル・ラップの特徴が色濃くでています。1992年、ビギーはショーン・コムズの誘いに従い「バッド・ボーイ・レコード」に移籍します。移籍にともなって名前を「ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)」に変更しました。

1994年、ノトーリアス・B.I.G.はファースト・アルバム「Ready to Die」を発表。この作品は彼に音楽的成功をもたらすと同時に、当時西海岸が主流となっていたヒップホップの潮流に対して一石を投じました。「Ready to Die」は現在でもヒップホップ屈指の名作として高い評価を受けています。ノトーリアス・B.I.G.は、西海岸のヒップホップ・アーティストである2Pac(トゥーパック)とこの時期に交友を深めます。

マディソン・スクエア・ガーデンで共演するなど、とても親しい関係であった2人ですが、良い関係は長続きしませんでした。1994年11月に2Pacが銃撃を受けたためです。事件があった日、同じビルでレコーディングをしていたノトーリアス・B.I.G.は銃撃騒ぎの際にビルから逃げ出します。襲われたものの一命を取り留めた2Pacは、逃げ出すノトーリアス・B.I.G.たちの姿を見て、犯人であると思い込みました。東海岸の「バッド・ボーイ・レコード」と2Pacが所属する西海岸の「デス・ロウ・レコード」は、当時のヒップホップシーンの2大レーベルでした。東海岸と西海岸を代表する2大レーベルの対立は、やがてヒップホップの東西戦争と呼ばれる争いへと進展しました。

争いの中、ノトーリアス・B.I.G.は現在も高い評価を受けている名曲「Who Shot Ya?(誰がお前を撃った?)」を発表。しかし、世間と2Pacの疑いの目が変わることはありませんでした。1996年9月、2Pacはラスベガスで再び銃撃を受けて死亡します。世間はノトーリアス・B.I.G.が指示を出したのではないかと、さらなる疑いの目を向けました。なお、本人は事件への関わりを否定しています。

次は自分が狙われるのではないかと思ったノトーリアス・B.I.G.ですが、不安と恐怖のなかでセカンド・アルバム「Life After Death」の製作に取り掛かります。しかし、1997年3月、ノトーリアス・B.I.G.はロサンゼルスで何者かに銃撃を受け帰らぬ人となりました。「Life After Death」はノトーリアス・B.I.G.死亡後に発表され、記録的な売上となりました。

 
 

人気が高いノトーリアス・B.I.G.の中古CDの特徴

 

ノトーリアス・B.I.Gの作品は、ヒップホップファンだけでなく、アメリカ東海岸の音楽を好む方全般に人気があります。しかし、高い人気にもかかわらず、発表された作品の多くは客演したシングル作品です。本人が主体となった作品はそれほど数が多くないため、生前に収録された2枚のスタジオ・アルバムは、貴重な作品として市場人気を集めています。また、ノトーリアス・B.I.G.の魅力はそのライムにあります。そのため、中古CDの買取現場においては、CDの状態だけでなく、歌詞カードの有無が重視されるという特徴があります。

 

買取りが期待できる?ノトーリアス・B.I.G.の中古CD作品

 

ノトーリアス・B.I.G.は活動期間が短かったため、生前発表したスタジオアルバムは2枚しかありません。さらに死後に2枚のアルバムと1枚のコンピレーション・アルバムが発表されています。どのアルバムも人気が高く、中古市場ではすぐに買い手が付く状態です。特に人気があるCD作品は以下のとおりです。

 

Ready To Die

ファースト・アルバムである本作品は、全米チャートで最高13位となりました。全米ビルボードチャートのラップ部門で3位の「Juicy」、1位に輝いた「Big Poppa」と「One More Chance / Stay With Me」など、今でも変わらない人気がある曲が多く含まれています。ハードな楽曲とソフトな楽曲のバランスが良いアルバムで、ファットさを感じさせる重厚なラップが楽しめます。日本のヒップホップシーンでも大変人気があるアルバムで、現在でもDJが「Ready To Die」から曲を流すことは少なくありません。

 
 

Life After Death

ノトーリアス・B.I.G.の死の直後に発表されたセカンド・アルバムです。全米ビルボードにおいて、R&B/ヒップホップ・チャートだけでなく、ビルボード200においても1位を獲得しており、ダイアモンドディスクに認定されています。ダイアモンドディスクに認定されたヒップホップのアルバムは「Life After Death」を含めてわずか10作しかありません。また、セールス量は史上3番目です。ディスクは2枚組で、全米ビルボードチャート1位となった「Hypnotize」と「Mo Money Mo Problems」、ラップ部門3位の「Sky’s the Limit」が含まれています。東海岸のラップが知れる作品としても大変市場人気が高いです。

 
 

Born Again

サンプリングのセンスの良さが光る1枚として知られているアルバムです。この作品は、ノトーリアス・B.I.G.が残した未発表音源を元に、リミックス曲と合わせて作りあげられています。また、本作品はノトーリアス・B.I.G.の追悼アルバムです。「パフ・ダディ」「エミネム」「スヌープ・ドギー・ドッグ」といった多くの有名なアーティストが、追悼のために作品に参加しています。

 
 

ノトーリアス・B.I.Gのサウンドは現在に受け継がれている

 

ノトーリアス・B.I.G.の人生はあまりに悲しい終わりであったといえます。しかし、彼のすべてが凶弾に奪われたわけではありません。彼の切り開いたヒップホップ・サウンドは多くの後進に受け継がれているからです。20年以上の時間が経った現在でも、彼の作品は高い評価を受けています。もし聞いていないノトーリアス・B.I.G.の作品があるなら買取に出してみませんか?買取りは弊社にお任せください。お申し込みをお待ちしています。

 
 

 

 

※本サイトに掲載されている記事の著作権はFTF株式会社に帰属します。投稿した記事のリライトの可能性が高い場合は顧問弁護士と協議の上、即日中に法的な処置を行います。

レコードやCDの買取はエコストアレコードにお任せください!
Ecostore Records(エコストアレコード)

エコストアレコードはおかげ様で累計買取枚数500万枚を突破し、30年以上もの間レコードの買取・販売を行っております。 郵送買取でお送り頂く送料、キャンセル返送料、手数料、お送り頂くダンボール、ガムテープ、ボールペンなど全て無料でご利用頂けますのでお客様は梱包キットにしたがってお送り頂くだけでカンタンにご利用頂けます!また買取のお値段が気になる方は写真をお送り頂いて大まかな査定金額が分かる「仮査定サービス」もございますので安心してご利用頂けます。


簡単!フォームに入力・お電話一本ですぐにお申し込み頂けます!

送料無料!
お客様のご負担一切なし!


アプリでかんたん
仮査定&お申込み!


買取実績に自信あり!
キャンセル返送料なし!

関連サービス


エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター

古物商許可番号:第303310107001号/東京都公安委員会
古物物商許可番号:第452520011544号/神奈川県公安委員会
古物物商許可番号:第411020001869号/栃木県公安委員会


Copyright(C) ECOSTORE RECORDS