レコード買取についてのコラム | レコード、CD買取│無料査定全国対応!高価買取のエコストアレコード

クラシックのレコードは高価買取が期待できるのか?

クラシック音楽のレコード・CDは1970年代から1980年代ごろに日本国内で多く製造されたため、ロックやジャズなどほかの音楽とは異なり、現在の中古レコード市場では買取で値段がつくものは少ないです。しかし、高値が付く人気作品があるということも事実です。

高値で取引されるクラシックのレコードは、オリジナル盤という古いイギリス盤、ドイツ盤、フランス盤です。同じく高値が付くようなCDは、廃盤になってしまったにもかかわらず愛好家の間で名演とされていたり、高音質と高い評価を得ているものです。

クラシックのレコードにもカテゴリーによって人気があるものとそうでないものがあります。オペラのレコードは最も不人気なカテゴリーとされています。収録されている曲が長時間に及ぶため、レコードはボックスセットになり聴くのにも一苦労、大きな箱はかさばり場所をとるので保管するのも大変…ということであまり好まれないことが多いようです。このようなことからオペラのファンはCDで音楽を楽しむ方が増えていき、中古レコードの値段が安くなってしまっている傾向です。

オーディオマニアが好むクラシック

クラシックを好きなひとにはレコードに音の良さを求めるオーディオマニアが多いことが特徴です。クラシックは最高のオーディオ環境で楽しむことがひとつの醍醐味なので、普通のレコードとは違う高音質盤や重量盤、あるいは高音質CDが必須となります。その結果、クラシック関連の音源は比較的高額になることがよくあるのです。一般的にはCDの方がレコードよりも音がいいとされ、中古市場においては音質が劣化しにくいCDが人気です。SACDという高級オーディオメーカーESOTERIC(エソテリック)が独自のマスタリングを施したCDシリーズが世界的に高い評価を受けており、いつも高値で取引されています。SACDがクラシックのCDで最高峰とされている理由は、オリジナルのマスターテープからまだ劣化の少ない状態の当時の音源・音質を再現していることです。

クラシックファンはレコードを“聴く“

クラシックには他の音楽ジャンルとは決定的に違うところがあります。それは、愛好家はそのクラシックの持つ音の良さを楽しむためにレコードやCDを買い集めることです。というのもロックやジャズを聴く人は音楽を聴くためだけではなく、収集すること・コレクションを充実させることに喜びを感じる人が多いからです。また、最近ではApple MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスが主流になり、音楽をもっと手軽に楽しめるようになったことでレコードは音楽を楽しむための“アイテム”になったと言えるでしょう。レコードは買い集めるけど聴くのはほとんどストリーミングを利用するという若い人が増えているようです。

クラシックを愛するファンは音楽を聴くことに重点を置いているため、高音質盤を探したり機材などにお金をかけたりします。その点他のジャンルとはまた違った音楽の楽しみ方をしています。

クラシックで最も人気なのは「バッハ無伴奏」です。人気曲であるうえに、クラシック愛好家はこの曲のような無伴奏チェロ・ヴァイオリンの弦楽器の音の響き具合でオーディオチェックをする方が多いことが理由です。AUDIOFILEという素晴らしい音質を持つレコードで聴くことに情熱を捧げるマニアも多くいます。

クラシックのレコードを売却するならエコストアレコードへ!

エコストアレコードは正確で丁寧な査定により、あなたの大切なクラシックのレコードやCD をより高額で買取できます。オリジナルや帯付き国内盤など貴重なものは数千円・数万円で買い取るものも多くあります。クラシックのレコードやCDを売るなら、ぜひエコストアレコードへご相談ください。

レコード買取累計買取枚数300万枚突破!あなたのレコードを高価買取いたします!

Ecostore Records

延べ四半世紀に渡るレコードの買取実績と、時代と共に変化する流行に対応し、様々なジャンルに精通しているスタッフが、ヒット曲から貴重盤・高額盤まで、丁寧かつ慎重に査定させて頂いております。
また、レコード・CDの買取専門店だからこそ、市場の動向を常に注視しております。
また複数の店舗や国内外のオークションサイト、卸売などお客様からお売りいただいた商品を最大限の収益で販売できる流通ルートを持っている為、買取金額を高く設定できます。

レコード売るならエコストアレコードにお任せください!
詳しくはこちら