DEEP PURPLE / WHO DO WE THINK WE ARE | レコード買取満足度 No.1│無料査定全国対応!高価買取のエコストアレコード

エコストアレコード
FTF株式会社はプライバシーマーク取得企業です 簡単!お申込!メールはこちら

携帯・スマホからもOK!土日・祝日も承ります

0120-888-378

24時間電話受付中!(20:00~8:00留守電対応)

ジャンル

DEEP PURPLE / WHO DO WE THINK WE ARE

DEEP PURPLE / WHO DO WE THINK WE ARE

DEEP PURPLE / WHO DO WE THINK WE ARE / WARNER P-8312W

1973年リリース スタジオ7作目 邦題は「紫の肖像」

英国チャート4位

 

ディープ・パープル第二期最後のアルバムとなる。黄金期を支えたヴォーカルであったが、リッチーとの関係が悪化していたイアン・ギランが脱退。続いてロジャー・グローヴァーも抜ける事となる。

 

メンバー内の不和はどうであれ、アルバム聴くとやっぱり各メンバーの存在感が凄いし、やっぱりイアン・ギランの声が似合う。今作で新型電子なシンセサイザーを導入したが、カッコいいし、バラバラになってしまう事は惜しい。

 

改めて聴いても、どこが駄作扱いされているのか分からない節が多く、しっかりとディープ・パープルしている盤だと思います。

第二期時代のアルバムは、「イン・ロック」、「ファアーボール」、「マシン・ヘッド」ですからね。この3作だけでもパープル全部を語っても問題ないハードロック史に残る奇跡の大傑作残してますから、今作だけ知名度が無いのは、いささか勿体ない気がします。

 

邦題は「紫の肖像」となっていますけれど、本来の英題は「Who Do We Think We Are」(あんた何様?)ですからね。そりゃ、脱退してしまいますわ。

 

次作からのディヴィッド・カヴァーデールやグレン・ヒューズの加入によって、また欧州ハードロック界の勢力分布図は大きく書き換えられることになりますが、何度考えても惜しいアルバムです。

 

レコードやCDの買取はエコストアレコードにお任せください!
Ecostore Records(エコストアレコード)

エコストアレコードはおかげ様で累計買取枚数500万枚を突破し、30年以上もの間レコードの買取・販売を行っております。 郵送買取でお送り頂く送料、キャンセル返送料、手数料、お送り頂くダンボール、ガムテープ、ボールペンなど全て無料でご利用頂けますのでお客様は梱包キットにしたがってお送り頂くだけでカンタンにご利用頂けます!また買取のお値段が気になる方は写真をお送り頂いて大まかな査定金額が分かる「仮査定サービス」もございますので安心してご利用頂けます。


簡単!フォームに入力・お電話一本ですぐにお申し込み頂けます!

送料無料!
お客様のご負担一切なし!


アプリでかんたん
仮査定&お申込み!


買取実績に自信あり!
キャンセル返送料なし!

関連サービス


エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター

古物商許可番号:第303310107001号/東京都公安委員会
古物物商許可番号:第452520011544号/神奈川県公安委員会
古物物商許可番号:第411020001869号/栃木県公安委員会


Copyright(C) ECOSTORE RECORDS