レコード買取についてのコラム | レコード、CD買取│無料査定全国対応!高価買取のエコストアレコード

RED GARLAND TRIO / GROOVY

RED GARLAND TRIO / GROOVY / PRESTIGE VIJ-208

A1C-Jam Blues 8:21

A2Gone Again 6:44

A3Will You Still Be Mine? 4:41

B1Willow Weep For Me 9:36

B2What Can I Say, Dear 7:13

B3Hey Now 3:40

 

「マイルス(マイルス・デイヴィス)組」の一員としても名をはせたジャズ・ピアニスト、レッド・ガーランドが1957年に発表した3作目のソロ作品。ガーランドの柔らかく叙情的なタッチを、軽やかなポール・チェンバースのベース、小気味よいアート・テイラーのドラムスが盛り立て、「いざ、ジャズ」と肩ひじ張らずにリラックスして楽しめる良作。

 導入を任された1曲目の「C-Jam Blues」は、本作の中でも特に人気のあるナンバー。ガーランドの右手が解き放たれたかのごとく鍵盤の上を踊る様子が目に浮かぶ。〝Jam″というタイトルの通り、後半は怒涛のアドリブが続くが、爆発的な音の応酬というより、たわいないおしゃべりのよう。心地よく体をゆだねられる。2曲目の「Gone Again」は打って変わってしっとりとした旋律から始まるバラード。中盤に差し掛かったころに始まるチェンバースのソロは、低い音色の中にため息が漏れそうなほどの情感が込められ、その音色に導かれてガーランドのピアノも堰を切ったように心情を奏で出す。アート・テイラーのしっかりした仕事ぶりが光る作品でもある。5曲目の「What Can I Say, Dear」は、先の2曲とはまた趣を変えて、日常の一コマを切り取ったように穏やかな一曲。高揚感を味わいたいなら、3曲目の「Will You Still Be Mine?」。光をまとってはじけるようなガーランドの音色がさらに速度を増して降り注ぎ、聴く者の心を解放する。

レコード買取累計買取枚数300万枚突破!あなたのレコードを高価買取いたします!

Ecostore Records

延べ四半世紀に渡るレコードの買取実績と、時代と共に変化する流行に対応し、様々なジャンルに精通しているスタッフが、ヒット曲から貴重盤・高額盤まで、丁寧かつ慎重に査定させて頂いております。
また、レコード・CDの買取専門店だからこそ、市場の動向を常に注視しております。
また複数の店舗や国内外のオークションサイト、卸売などお客様からお売りいただいた商品を最大限の収益で販売できる流通ルートを持っている為、買取金額を高く設定できます。

レコード売るならエコストアレコードにお任せください!
詳しくはこちら