ニール・ヤング(Neil Young)のCDは高価買取されている?人気作品の特徴やタイトルを紹介 | CD高価買取! | エコストアCD買取センター

エコストアレコード
FTF株式会社はプライバシーマーク取得企業です 簡単!お申込!メールはこちら

携帯・スマホからもOK!土日・祝日も承ります

0120-888-378

24時間電話受付中!(20:00~8:00留守電対応)

CD買取についてのコラム

ニール・ヤング(Neil Young)のCDは高価買取されている?人気作品の特徴やタイトルを紹介

ニール・ヤング(Neil Young)のCDは高価買取されている?人気作品の特徴やタイトルを紹介

ニール・ヤング(Neil Young)のCDは高価買取されている?人気作品の特徴やタイトルを紹介

ギタリストとして、ソングライターとして大きなリスペクトを集めてきたミュージシャンがニール・ヤングです。その長いキャリアの中で、ヤングは数々の名作を発表してきました。彼のCDには中古市場で高価買取されているタイトルも少なくありません。この記事では、ニール・ヤングの人気作品の特徴、タイトルなどを紹介します。

 

ニールヤングってどんな人?生い立ちと作風

1945年、ニール・ヤングはカナダのトロントで生まれました。幼いころからロックンロールやカントリーに親しんできたヤングは、カナダのマニトバ大学に入学してからフォーククラブに所属します。そこでジョニ・ミッチェルやランディ・バックマンといった才能と出会い、ヤングは大きな刺激を受けました。そして、1966年にはバッファロー・スプリングフィールドを結成します。バンドの高い演奏力は絶賛され成功を収めるものの、1968年に解散しました。その直後、ヤングはソロ活動を開始します。

1969年、ヤングはファーストアルバム「ニール・ヤング」を発表しました。その後、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングとしての活動も挟みながら、「ハーヴェスト」「渚にて」「今宵その夜」といったアルバムがヒットを飛ばしていきます。ヤングの音楽はギターテクニックと豊かな抒情性に支えられており、プレイヤーたちに支持されてきたのが特徴的です。また、社会へのメッセージが歌詞にあったり、下の世代であるパンクムーブメントに共感を示したりと、常にエネルギッシュな活動を続けてきました。その一方で、80年代には「トランス」のような実験音楽も制作しています。

何より、ニール・ヤングのファンを魅了したのは熱狂的なライブパフォーマンスでしょう。70年代、バックバンドのクレイジー・ホースとともに活動していたころのライブは伝説的だといえます。ヤングのファンはスタジオアルバムからライブ盤まで幅広くアイテムを求めているので、彼のCDには高値がつくことも珍しくないのです。

 

ニール・ヤングのCDで高価買取されているものの特徴とは?

60年代から21世紀にいたるまで、ヤングは安定して傑作を残してきました。それでも、カリスマ性が光っていた70年代の作品群は特にコレクターからの人気が高いといえます。デラックスエディションや特別編集盤など、オリジナルとのバージョン違いも価値が増すでしょう。また、ファンはニール・ヤングのライブ盤も愛好しています。盟友のクレイジー・ホースとのステージは注目度が高く、高価買取されることも珍しくありません。もしも自宅に聴かなくなったヤングのCDがあるなら、ぜひ買取専門店に査定を依頼してみてください。

 

ニール・ヤングで高価買取を狙えるCDとは?名盤5選

ここからは、ニール・ヤングのCDで高価買取される可能性の高い5枚を紹介していきます。


「After The Gold Rush: 50th Anniversary Edition/9362.488958」
1970年に発表された3枚目のソロアルバムの50周年記念盤です。本作はヤング初の決定的傑作であり、音楽ファンから絶大な人気を誇っています。輸入販売されている記念盤では通常トラックに加え、アウトテイクも収録されています。名作の違った形が聴けるので、コレクターにはたまらないアイテムだといえるでしょう。数に限りがあるので、中古市場ではプレミアがついています。

 

「HARVEST / ハーヴェスト<リマスター>/WPCR-75490」
最高傑作に推す声も多い、1972年作品のCD版です。ヤングといえばロッカーのイメージが強いものの、本作ではカントリーやブルースを基調とした静かな楽曲が並んでいます。それでも、歌詞をじっくり読みこめば、ヤングの社会への怒り、悲しみが浮かび上がってきます。音楽ファンなら誰もが知っている1枚だけに、買取価格も安定して高いといえるでしょう。

 


「ROXY: Tonight’s The Night Live / ロキシー:トゥナイツ・ザ・ナイト(今宵その夜)・ライヴ/WPCR-18036」
1973年9月20〜22日にわたり、カリフォルニアのロキシー・シアターで行われたライブを音源化した作品です。名作「今宵その夜」からの楽曲を中心に、バックバンドであるザ・サンタモニカ・フライヤーズとの息の合った演奏を楽しめます。ヤングにもっとも勢いがあった時期のライブ盤だけに、ファンからの注目度は高いといえます。

 


「Neil Young Archives Volume 1:1963-1972/524165」
ヤングの最初期の活動から、スタジオ音源とライブ音源を選び抜いたボックスコレクションです。全128曲のおよそ3分の1が未発表曲であり、中にはハイスクール時代のレアなトラックも含まれています。監修にはヤング本人も関わっており、マニアからの需要が絶えないアイテムです。買取査定で高値をつけられる可能性は大きいでしょう。

 


「Weld/26671」
1991年、クレイジー・ホースをともなって行われたツアーを、2枚組に収めたCDです。すでにベテランの領域に入っていたヤングとバンドメンバーが、若々しい激しい演奏を繰り広げています。当時は湾岸戦争の真っただ中であり、攻撃的なアティチュードの裏には反戦への思いが隠れていました。その点でも時代を記録した貴重な作品であり、中古市場で存在感を放っています。

 

ニール・ヤングを売るならエコストアレコードCD買取センターで

深い音楽性と誰にも媚びない生き様で、ニール・ヤングはいつの時代も新しいファンを生み出してきました。そのため、中古市場でも彼のCDは高値で取引されています。ニール・ヤングのCDを売るならぜひともエコストアレコードCD買取センターにお任せください。熟練のスタッフが査定を行っているので、CDの人気に応じた高価買取が可能です。

 

 

 

※本サイトに掲載されている記事の著作権はFTF株式会社に帰属します。投稿した記事のリライトの可能性が高い場合は顧問弁護士と協議の上、即日中に法的な処置を行いますのでご了承ください。

レコードやCDの買取はエコストアレコードにお任せください!
Ecostore Records(エコストアレコード)

エコストアレコードはおかげ様で累計買取枚数500万枚を突破し、30年以上もの間レコードの買取・販売を行っております。 郵送買取でお送り頂く送料、キャンセル返送料、手数料、お送り頂くダンボール、ガムテープ、ボールペンなど全て無料でご利用頂けますのでお客様は梱包キットにしたがってお送り頂くだけでカンタンにご利用頂けます!また買取のお値段が気になる方は写真をお送り頂いて大まかな査定金額が分かる「仮査定サービス」もございますので安心してご利用頂けます。


簡単!フォームに入力・お電話一本ですぐにお申し込み頂けます!

送料無料!
お客様のご負担一切なし!


アプリでかんたん
仮査定&お申込み!


買取実績に自信あり!
キャンセル返送料なし!

関連サービス


エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター

古物商許可番号:第303310107001号/東京都公安委員会
古物物商許可番号:第452520011544号/神奈川県公安委員会
古物物商許可番号:第411020001869号/栃木県公安委員会


Copyright(C) ECOSTORE RECORDS