【CD買取コラム】高価買取されているDevo(ディーヴォ)のCDを徹底解説 | CD高価買取! | エコストアCD買取センター

エコストアレコード
FTF株式会社はプライバシーマーク取得企業です 簡単!お申込!メールはこちら

携帯・スマホからもOK!土日・祝日も承ります

0120-888-378

24時間電話受付中!(20:00~8:00留守電対応)

CD買取についてのコラム

【CD買取コラム】高価買取されているDevo(ディーヴォ)のCDを徹底解説

【CD買取コラム】高価買取されているDevo(ディーヴォ)のCDを徹底解説

Devo(ディーヴォ)は、アメリカのオハイオ州で1973年に結成されたロックバンドです。70年代後半にデビューしたニュー・ウェイヴ系のロックバンドを代表する存在で、1990年から96年の活動休止期間を挟みつつ、2021年現在もライブや楽曲の提供などで活動を続けています。今回は、そんなDevoのCDの中でも、中古市場で高値がつくCDの特徴や、実際に高価買取が行われたCDの実例を紹介します。

Devoとはどんなバンドなのか?

1970年代の半ばから後半に巻き起こったパンクロックの隆盛によって、それまでのロックシーンを牽引していたハードロックやプログレッシブ・ロックに代わる新たなロック音楽が提示されました。ニュー・ウェイヴというジャンルは、パンクロックの影響を受け、既存のロックサウンドに囚われない実験的な試みを行うロックの一ジャンルとして産声を上げたのです。Devo(ディーヴォ)もそんなニュー・ウェイヴの影響の中で生まれたバンドでした。

1973年、オハイオ州ケント州立大学美術学部に通っていたマーク・マザーズボウとジェラルド・キャセールの2人が出会い、意気投合したことでDevoは結成されました。Devoの名前の由来は「De-Evolution」、即ち退化です。人間は進化した生き物ではなく、退化した生き物であるという「人間退化論」を自分たちのサウンドのバックボーンにしようと考えて、このバンド名がつけられました。しかし、結成からメジャーデビューまでは実に5年を要し、その間は大量のデモ・テープを作りながら、ステージ上に洗濯機を持ち込む奇特なギグを披露し続けることで知名度を高め、いつしか「メジャー・デビューしていない一番有名なバンド」と呼ばれるまでに至りました。

初期は機械のノイズを用いた実験的なサウンドが特徴でしたが、メジャーデビュー後の2ndアルバム「生存学未来編」からシンセサイザーなどの電子サウンドを強調させるテクノ・ポップの方向へシフトしていきました。4thアルバムの「ニュー・トラディショナリスツ」ではさらに自らの殻を破り、ファンクやソウルの要素も加わった独特なサウンドへと進化を遂げていきます。その先鋭化された音楽は、日本でも数多くのフォロワーを生み、テクノ・ムーブメントと呼ばれるほどの現象を巻き起こしています。

1990年に所属していたレコード会社が倒産し、またバンド活動へのモチベーションが下がっていたDevoは活動休止期間に入ります。しかし、その後も散発的にライブやフェスへの出演を継続し、2003年に日本で行われたサマーソニックでは23年ぶりの来日を果たしました。2007年には新曲を、2010年には9thアルバムをリリースするなど、21世紀に入ってからもその活躍には衰えが見られません。ニュー・ウェイヴを代表するバンドのひとつとして、今もなおシーンの最前線に立ち続けるバンドがDevoなのです。

高額買取が行われるDevoのCDの傾向とは?

DevoのCDで高額買取が行われるものは、主にアルバムボックス系が多いようです。コンプリートボックスやライブ盤をまとめたボックス商品は高額買取が行われる代表格です。また、全体的に輸入盤よりも国内盤の方が高く買い取られる傾向にあるため、状態の良い国内盤のCDを持っている場合は、買取に出すと比較的高額で買い取ってもらえます。

Devoの代表的なCD3選

DEVO_CD_高価買取_1
「This Is The DEVO BOX ディーヴォ・ボックス / WPCR-12955/61」
Devoの1stアルバム「退廃的美学論」から6thアルバム「シャウト」、及びライブ盤「ディーヴォ・ライヴ~退化合唱團巡業記+16」の7本のアルバムを紙ジャケット仕様で収録した完全生産限定盤のアルバムボックスです。このボックス商品には、オリジナル・シングル・ジャケットをモチーフにした組み立て式のボックス「ディーヴォ・キューブ」が同梱されています。Devoのサウンドがデビュー当時からどのような変遷を遂げていったのかを、このアルバムボックス1つで追いかけることが可能です。

 

DEVO_CD_高価買取_2
「Ez Listening Muzak / FUTURISMO NO.15」
このアルバムは、当初1987年にファンクラブ会員限定で販売されたカセットテープ2本組の作品で、Devoのこれまでの楽曲をラウンジ調にアレンジしたインストゥルメンタル・アルバムでした。後に「E-Z Listening Disc」というタイトルでCD販売されています。それから30年近くを経て、2016年に再び当初のタイトルで2枚組のCDボックスとして復活し、マドラーやボタン、カクテルのレシピ、書き下ろしライナーノーツなどが同梱されたファンアイテムとして販売されました。加えて、このアルバムのために「Human Rocket」が新バージョンで新録されています。普段のDevoとは一味違うゆったりとしたアレンジで、ラグジュアリーなひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

DEVO_CD_高価買取_3
「ANTHOLOGY: PIONEERS WHO GOT SCALPED / アンソロジー: パイオニアズ・フー・ゴット・スカルプト / R2 75967」
2000年に発売されたDEVOのベスト盤です。2枚組のCDに、50曲ものDEVOの楽曲が詰まっており、このアルバム1つでDevoが20世紀中に生み出してきたサウンドの全てを味わうことができます。独特のDevoサウンドをどっぷりと味わいたいファンにとっては必携のアルバムと言えるでしょう。Disc1には初期から中期の、Disc2には後期の楽曲がそれぞれ収録されており、時系列順にDevoサウンドを追いかけることができます。20世紀を駆け抜けたDevoの軌跡をなぞりたい人にとっては、まさにうってつけのベスト盤です。

今なお色褪せないDevoサウンドをぜひお売りください!

いつ聞いても新鮮さを失わないDevoのサウンドは、2021年の今も多くの人々を魅了しています。Devoはこれからもシーンの最前線に立ち続けることでしょう。お手元で眠っているDevoの名盤はございますでしょうか。買取歴30年、累計買取枚数1,000万枚の経験・実績を誇るエコストアレコードCD買取センターが、お客様のCDを高価買取致します。ご不要なCDの買取は、エコストアレコードにお任せください。

 

 

 

※本サイトに掲載されている記事の著作権はFTF株式会社に帰属します。投稿した記事のリライトの可能性が高い場合は顧問弁護士と協議の上、即日中に法的な処置を行いますのでご了承ください。

レコードやCDの買取はエコストアレコードにお任せください!
Ecostore Records(エコストアレコード)

エコストアレコードはおかげ様で累計買取枚数500万枚を突破し、30年以上もの間レコードの買取・販売を行っております。 郵送買取でお送り頂く送料、キャンセル返送料、手数料、お送り頂くダンボール、ガムテープ、ボールペンなど全て無料でご利用頂けますのでお客様は梱包キットにしたがってお送り頂くだけでカンタンにご利用頂けます!また買取のお値段が気になる方は写真をお送り頂いて大まかな査定金額が分かる「仮査定サービス」もございますので安心してご利用頂けます。


簡単!フォームに入力・お電話一本ですぐにお申し込み頂けます!

送料無料!
お客様のご負担一切なし!


アプリでかんたん
仮査定&お申込み!


買取実績に自信あり!
キャンセル返送料なし!

関連サービス


エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター

古物商許可番号:第303310107001号/東京都公安委員会
古物物商許可番号:第452520011544号/神奈川県公安委員会
古物物商許可番号:第411020001869号/栃木県公安委員会


Copyright(C) ECOSTORE RECORDS