【レコード買取コラム:ビートルズ(The Beatles)特集】『ハード・デイズ・ナイト(A Hard Days’s Night)』を大解剖! | レコード宅配買取件数日本全国No.1│無料査定全国対応!エコストアレコード

エコストアレコード
FTF株式会社はプライバシーマーク取得企業です 簡単!お申込!メールはこちら

携帯・スマホからもOK!土日・祝日も承ります

0120-888-378

24時間電話受付中!(20:00~8:00留守電対応)

アーティスト別

【レコード買取コラム:ビートルズ(The Beatles)特集】『ハード・デイズ・ナイト(A Hard Days’s Night)』を大解剖!

【レコード買取コラム:ビートルズ(The Beatles)特集】『ハード・デイズ・ナイト(A Hard Days’s Night)』を大解剖!

ビートルズの記念すべきサードアルバムとなった『ハード・デイズ・ナイト(A Hard Days’s Night)』。
ビートルズにとっても記念すべきサードアルバムです。

映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』のサウンドトラックも収録され、邦題はこの映画タイトルが使用されました。
今回は、そんな『ハード・デイズ・ナイト』と、ビートルズの実際に高価買取されているレコードの特徴をご紹介します。

『ハード・デイズ・ナイト(A Hard Days’s Night)』とは?

『ハード・デイズ・ナイト』は、1964年7月10日に発売されたビートルズのサードアルバムであると同時に、本作が初めてのフルビートルズ楽曲で編成されたアルバム。そのため、これまでのファースト・セカンドアルバムとはまた違ったプレミア感の強いアルバムレコードとなっています。

ビートルズの初主演映画『ハード・デイズ・ナイト』のサウンドトラック版としての面も併せ持つ本作。
この映画は邦題を『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』とされており、日本発売時の旧邦題は映画に倣う形となりました。

全曲ジョン・レノンとポール・マッカートニーによって作られた曲で構成されており、「WORDS AND MUSIC BY JOHN LENNON AND PAUL McCARTNEY」というクレジットがジャケット裏の収録曲欄の末尾に印字されています。

アルバムタイトルにもなっている『ハード・デイズ・ナイト』は、彼らの初主演映画を撮り終えた際にリンゴ・スターの口から漏れた「It was hard day」という一言が始まり。それを言った瞬間がすでに夜であったことに気づき、「day’s night.」と付け加えたのをジョンとポールが聞き逃さなかったことで、そのまま採用されたと言われています。

高価買取される『ハード・デイズ・ナイト(A Hard Days’s Night)』のレコードの特徴について

ビートルズのレコードの中で、とても希少価値の高いとされる特徴的な付属品が「水色V帯」。
帯の上部が白いV字型をしているため、水色V帯と呼ばれています。

水色V帯には、さらにレアリティの高い状態が存在。帯に「補充票」が付いているかがとても重要なポイントです。帯の裏を見ると、ひと目でわかります。レコードショップがどのレコードを補充しないといけないか管理するために使用していたため、一般的にレコードを聴くことには一切関係ありません。しかし、マニアの間ではこの補充票の存在はとてもプレミア価値が高いのです。

『ハード・デイズ・ナイト(A Hard Days’s Night)』を大解剖!

-収録曲-

【A面】

■ア・ハード・デイズ・ナイト A Head Day’s Night

ジョン・レノンが作曲した曲です。
リンゴ・スターの呟きを採用した表題で、本作はジョージ・マーティンがピアノで参加。

■恋する二人 I Should Have Known Better

ジョン・レノンが作曲した曲ですが、本作に対しジョン・レノンは「ただの歌だ。」と、特に意味はないと言い切っています。劇中、列車での移動中に貨物置場の檻の中で演奏するシーンと、ラストのコンサートで使用。

■恋におちたら If I Fell

ジョンレノンが初めて書いたバラード曲です。本人いわく、「馬鹿げたラブソング」だそうです。

■すてきなダンス I’m Happy Just To Dance With You

ジョン、ポールの共作で、リードボーカルはジョージ・ハリスン。
ジョンがジョージのために書いた曲で、ジョン本人にはこの歌は歌えなかった、と語っています。

■アンド・アイ・ラヴ・ハー And I Love Her

ポール・マッカートニーが作った曲で、ジョン・レノンはミドルエイトを、ギターリフはジョージ・ハリスンによるもの。インストゥルメンタルなので、これまでのビートルズとはまた違う表現方法が聴きどころです。

■テル・ミー・ホワイ Tell Me Why

ジョン・レノンが作曲した曲で、「ハード・デイズ・ナイト」同様ジョージ・マーティンのピアノが収録。
ジョン、ポール、ジョージによる3声ハーモニーが入りますが、ジョン・レノンがジョージ・ハリスンよりも高い音域を歌っています。

■キャント・バイ・ミー・ラヴ Can’t Buy Me Love

ポール・マッカートニーが作った曲。
ブルースっぽくしたかった曲だと本人は語っています。

 

【B面】

■エニイ・タイム・アット・オール Any Time At All

■ぼくが泣く I’ll Cry instead

ジョン・レノンが作曲した映画用音楽でしたが、作中では使用されなかった楽曲。
劇中の脱走シーンのために用意された曲です。

■今日の誓い Things We Said Today

■家に帰れば When I Get Home

■恋する二人 I Should Have Known Better)

■ユー・キャント・ドゥ・ザット You Can’t Do That

■アイル・ビー・バック I’ll Be Back

『ハード・デイズ・ナイト(A Hard Days’s Night)』のレコード高価買取はエコストアレコードへ

サードアルバム『ハード・デイズ・ナイト』は、ようやくビートルズのアルバムだと胸を張って言える、初めてのフルビートルズ作品による構成。
映画主演も果たし、その中で使われる楽曲も自前で作り出せるのもビートルズのすごいところです。
そんなThe Beatlesの名盤がご自宅に眠っていませんか?
エコストアレコードは、30年にわたる累計買取枚数1,000万枚の経験・実績を生かし、お客様のCD・レコードを高価買取致します。
ご不要なCD・レコードがありましたら、エコストアレコードまでご連絡ください。

 

 

 

※本サイトに掲載されている記事の著作権はFTF株式会社に帰属します。投稿した記事のリライトの可能性が高い場合は顧問弁護士と協議の上、即日中に法的な処置を行います。

関連記事

レコードやCDの買取はエコストアレコードにお任せください!
Ecostore Records(エコストアレコード)

エコストアレコードはおかげ様で累計買取枚数500万枚を突破し、30年以上もの間レコードの買取・販売を行っております。 郵送買取でお送り頂く送料、キャンセル返送料、手数料、お送り頂くダンボール、ガムテープ、ボールペンなど全て無料でご利用頂けますのでお客様は梱包キットにしたがってお送り頂くだけでカンタンにご利用頂けます!また買取のお値段が気になる方は写真をお送り頂いて大まかな査定金額が分かる「仮査定サービス」もございますので安心してご利用頂けます。


簡単!フォームに入力・お電話一本ですぐにお申し込み頂けます!

送料無料!
お客様のご負担一切なし!


アプリでかんたん
仮査定&お申込み!


買取実績に自信あり!
キャンセル返送料なし!

関連サービス


エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター

古物商許可番号:第303310107001号/東京都公安委員会


Copyright(C) ECOSTORE RECORDS

001