アメリカのヒップホップグループ、ザ・ルーツ(The Roots)の人気レコード作品や買取について紹介 | レコード宅配買取件数 全国1位 - NHKおはよう日本で紹介! | エコストアレコードの買取

エコストアレコード
FTF株式会社はプライバシーマーク取得企業です 簡単!お申込!メールはこちら

携帯・スマホからもOK!土日・祝日も承ります

0120-888-378

24時間電話受付中!(20:00~9:00留守電対応)

レコード買取についてのコラム

アメリカのヒップホップグループ、ザ・ルーツ(The Roots)の人気レコード作品や買取について紹介

アメリカのヒップホップグループ、ザ・ルーツ(The Roots)の人気レコード作品や買取について紹介

アメリカの人気ヒップホップグループであるザ・ルーツ(The Roots)。ザ・ルーツの持ち味は、技術力の高い生演奏やパワフルなライブパフォーマンスです。特にヒップホップのジャンルでは、生演奏は大変珍しいことです。一方で、家に眠っているこのアーティストのレコード買取を考えている方もいるのではないでしょうか。今回はザ・ルーツの作品やレコード買取などについて詳しく説明していきます。

 
 

ザ・ルーツ(The Roots)について

 

ザ・ルーツは、アメリカのフィラデルフィアで1989年に結成されました。The Legendary Roots CrewやThe Fifth Dynastyとも、呼ばれています。グループ名は、アメリカのテレビドラマに由来したものです。このドラマは、アレックス・ヘイリーの小説、ルーツを原作として制作されました。そして、ザ・ルーツのデビュー作は、1993年に発売された自主制作の『Organix』です。これにより、複数のレーベルからアプローチされメジャーデビューが決まりました。

1995年には、セカンドアルバムの『Do You Want More?!!!??!』を発表しました。他にも『Things Fall Apart』や『Phrenology』といった作品はとりわけ高い評価を得ています。また、ザ・ルーツは、演奏力の高いグループとしても、大変有名です。ヒップホップで頻繁に利用されるサンプリングやドラムマシンはほとんど使いません。代わりに、ギターやドラムなどの伝統的楽器を用いて演奏します。正確なドラムや重厚なベースサウンドなどは、今もなお多くの人々を魅了しています。

このグループについて、2013年以降の作品発表はないです。しかし、メンバーのなかには、それぞれの舞台で活躍し続けているものもいます。例えば、ザ・ルーツの創設メンバーであるクエストラヴです。クエストラヴは、映画サマー・オブ・ソウルにてはじめて監督を行いました。ブラック・ソートも、デンジャー・マウスと共同で作ったアルバムを発表しています。

 
 

ヒップホップ界隈で外せない存在。ザ・ルーツの人気作品

 
 

ここでは、ヒップホップ文化の先駆者であるザ・ルーツの人気作品をまとめました。

 
 

まずは、1999年に発売された『Things Fall Apart』です。フルアルバムとして、4枚目の作品と言えます。このアルバムのサウンドは、打ち込みのようなものではなく、メロディアスな音作りです。また、卓越したラッパー陣の技術である口スクラッチ、口ホーンズを楽しむことができます。99年上半期大ヒットアルバムの1つと言えるでしょう。

 
 

1995年の『Do You Want More?!!!??!』もザ・ルーツの人気作品です。このアルバムは、セカンドアルバムにしてメジャーデビューアルバムとなった作品と言えます。The Grand Negazとクエストラブが主に製作を担当しました。特に、収録曲の1つである「Proceed」はザ・ルーツの代表作品です。ブラック・ソートの巧みな歌詞がジャズっぽい雰囲気の音楽とよく合っています。ゆったりとしたサウンドが気持ちのよいグルーヴを生み出していることもポイントです。

 
 

次は、ポップなサウンドが特徴の『The Tipping Point』です。ザ・ルーツは、この作品を『Phrenology』の後に発売しました。リリースは、2004年です。ソウルやファンクといったジャンルからの影響が強く見受けられます。また、前のアルバムとは、作風がかなり異なることも心惹かれる要素の1つと言えます。特に、勇敢さや政治的見識に関する歌詞は、アルバムの雰囲気を変えることとなりました。

 
 

最後は『Phrenology』、2002年に発売された5枚目のアルバムです。この作品にはエリカ・バドゥ、メアリー・J・ブライジなどが参加しています。他にもミュージック・ソウルチャイルドといった数々の有名人とのコラボで作られています。したがって、聴くことで、ザ・ルーツの普段見られない一面を発見できるでしょう。

 
 

ザ・ルーツのレコード買取はどこがいい?

 

ヒップホップカルチャーを牽引したザ・ルーツ。2022年8月には、ビルボードライブ東京で来日公演が行われています。また、最近では、3LPのデラックスエディション販売により、再び注目を集めています。したがって、ザ・ルーツのレコード処分をお考えなら、まさしく今が売り時でしょう。

エコストアレコードでは、中古レコードの買取を行っています。買取方法が豊富にあるので、自身に合った方法を選択できることがメリットです。買取方法は主に3つあります。1つ目は、宅配買取です。非対面なので、自宅にいながら簡単にレコードの買取を空いた時間で売却できます。また、段ボールやガムテープといった梱包にかかる費用も無料です。したがって、手間やかかる時間が少なくて済みます。2つ目は、出張買取です。家に大量のレコードを保管してある場合に、おすすめできる方法と言えます。なぜなら、我々スタッフが梱包や運び出しを行うからです。1枚からでも気軽に買取できる持ち込み買取といった手段もあります。お金に困っている場合は、売却してすぐ現金にできるこの方法がよいでしょう。

そして、はじめてのレコード買取について不安という方もいるのではないでしょうか。しかし、そのような場合でも、問題ありません。エコストアレコードのスタッフが最初から最後まで丁寧にサポートいたします。

 
 

ザ・ルーツのレコード売却ならエコストアレコードがおすすめ

 

アメリカ出身のザ・ルーツは、日本にたくさんのファンがいます。実際、2022年に実施された来日公演は、4日間にわたって行われました。加えて多くの人がこの公演を訪れたことから、ザ・ルーツの音楽を聴きたい方は多いでしょう。そして不要なレコードを売ろうと考えたとき、エコストアレコードがおすすめです。買取のお申し込みをお待ちしております。

 
 

 
 

※本サイトに掲載されている記事の著作権はFTF株式会社に帰属します。投稿した記事のリライトの可能性が高い場合は顧問弁護士と協議の上、即日中に法的な処置を行いますのでご了承ください。

関連記事

レコードやCDの買取はエコストアレコードにお任せください!
Ecostore Records(エコストアレコード)

エコストアレコードはおかげ様で累計買取枚数500万枚を突破し、30年以上もの間レコードの買取・販売を行っております。 郵送買取でお送り頂く送料、キャンセル返送料、手数料、お送り頂くダンボール、ガムテープ、ボールペンなど全て無料でご利用頂けますのでお客様は梱包キットにしたがってお送り頂くだけでカンタンにご利用頂けます!また買取のお値段が気になる方は写真をお送り頂いて大まかな査定金額が分かる「仮査定サービス」もございますので安心してご利用頂けます。


関連サービス


エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター

古物商許可番号:第303310107001号/東京都公安委員会


Copyright(C) ECOSTORE RECORDS

001