R&Bを代表するアーティストであるディアンジェロ(D’Angelo)のレコードが買取り市場で人気なわけ | レコード宅配買取件数 全国1位 - NHKおはよう日本で紹介! | エコストアレコードの買取

エコストアレコード
FTF株式会社はプライバシーマーク取得企業です 簡単!お申込!メールはこちら

携帯・スマホからもOK!土日・祝日も承ります

0120-888-378

24時間電話受付中!(20:00~9:00留守電対応)

レコード買取についてのコラム

R&Bを代表するアーティストであるディアンジェロ(D’Angelo)のレコードが買取り市場で人気なわけ

R&Bを代表するアーティストであるディアンジェロ(D’Angelo)のレコードが買取り市場で人気なわけ

ディアンジェロ(D’Angelo)はアメリカのシンガーソングライターの一人で、R&Bの第一人者として活躍している人物です。ファンのあいだでは好きなR&Bシンガーとして度々彼の名が挙げられるなど、彼に対する注目度が高まってきておりレコード作品は買取り市場において人気となっています。そこで以下では、ディアンジェロのレコードが人気を博している背景について見ていくことにします。

 
 

ディアンジェロとはどのようなアーティストなのか?


 

まずはじめに、そもそもディアンジェロがどのようなアーティストであるのかという点について見ておくことにしましょう。彼は、アメリカのバージニア州リッチモンド出身のシンガーソングライターです。1974年に宣教師の息子として生まれ、幼少期から歌に親しんで育ってきました。その後、マーヴィン・ゲイやプリンスなどの影響を受けて次第に音楽の幅を広げ、ボーカルだけでなく、ピアノやギターの演奏や作詞・作曲をも手掛けるようになります。

ディアンジェロが奏でる音楽は、それまでスティーヴィー・ワンダーやマーヴィン・ゲイがリードしてきたソウルミュージックにヒップホップを融合させたニュークラシック・ソウルやネオ・ソウルと呼ばれるもので、1995年に初のアルバムとなる『ブラウン・シュガー』をリリースしてデビューを果たすと、一躍世間の注目を浴びて数多くのフォロワーを抱えることになります。2000年にはセカンドアルバムである『ヴードゥー』をリリースし、ネオソウルを代表するアーティストの仲間入りを果たすのですが、その後はしばらく自らの名義での活動は行われませんでした。しかしながら、その間も他のアーティストへの楽曲提供といった音楽活動は活発に行っており、彼の評価は高まり続けていたのです。

そんなディアンジェロが、10年以上もの時を経て発表したのが2014年に発売されたサードアルバムである『ブラック・メサイア』で、時代の流れに合わせるかのようにこちらの作品はデジタル配信の形式でリリースされています。2015年にはディアンジェロ・アンド・バンガードという名義で東京や大阪を巡る来日公演も行っており、大盛況を博しました。なお、R&Bアーティストとして紹介されることが多いディアンジェロですが、彼自身はかつて行ったインタビューの中で、「自分をR&Bシンガーだと思ったことはない」や「いつだってR&Bはくだらないと思っている」といった話をしています。実際、ヒップホップやラップなども数多く手掛けていますので、それを見ても一つの音楽の枠組みにとらわれない自由な音楽性がディアンジェロというアーティストが持つ魅力であると言えるのではないでしょうか。

 
 

ディアンジェロの代表作とは?

 

ディアンジェロは、彼が尊敬するプリンスが多数の作品をリリースしたのとは対照的に、それほど多くのレコードを出していません。以下では、彼がこれまでにリリースした数少ないレコードの中から、代表作と言えるものをいくつかピックアップして紹介していきます。

 
 


Brown Sugar ブラウン・シュガー(Cooltempo, CTLP 46)

彼がデビューを果たした1995年は既にレコードではなくCDでのリリースが主流となっていたため、LPレコードとしては当時UK盤のみで流通したファーストアルバム『ブラウン・シュガー』。彼の作品の中では特に稀少価値が高い一枚です。昔ながらのラブソング調の曲があるかと思えば、退廃的な旋律の曲もあるなど、ディアンジェロのマルチな才能をいかんなく堪能することができる名盤です。

 
 


Voodoo ヴードゥー(Virgin, 7243 8 48499 1 7)

ディアンジェロのセカンドアルバムである「ヴードゥー」がリリースされたのは2000年のこと。本作はニューミュージックの決定版とも評されており、ソウルミュージックの美しい旋律に、ヒップホップのビートが絶妙に融合したディアンジェロにしか醸し出すことができないハーモニーが満載です。

 
 

レコードを高く買い取ってもらうためには?

 

レコードを高く買い取ってもらうためにはいくつかのポイントがあります。まず第一に、もしレコードにほこりや汚れがついている場合には、専用のクリーナーを使ってきれいにしてから買取りに出すようにしましょう。ただし、その際、傷をつけないように取り扱いには細心の注意を払う必要があります。第二に、帯などの付属品が残っているのであれば、それを一緒に買取りに出すことで、査定金額は上昇するケースがほとんどです。そのため、買取り時には必ずそういったものが手元にないかを確認するようにしてください。

第三に、レコードはなるべくそれを専門に取り扱っているショップに買い取ってもらうようにするのがポイントです。この点、エコストアレコードでは、これまでに多数のレコードの買取り実績があり、知識が豊富な専門のスタッフも在籍していますので、買取りについてお悩みの場合はお問い合わせいただければ丁寧にサポートさせていただきます。

 
 

ディアンジェロのレコードの買取りはエコストアレコードにお任せください

 

以上で見てきたように、ディアンジェロはR&Bを代表する人気アーティストではあるものの、実際にはその音楽性はニューミュージックとも呼ばれる独自のスタイルとなっています。その人気は日本でも日増しに高まっており、お手元に彼のレコードがあるのであれば、今は買取りに出す絶好のタイミングであると言えるでしょう。その際は、ぜひレコードの豊富な買取り実績のあるエコストアレコードにお任せください。

 
 

 
 

※本サイトに掲載されている記事の著作権はFTF株式会社に帰属します。投稿した記事のリライトの可能性が高い場合は顧問弁護士と協議の上、即日中に法的な処置を行いますのでご了承ください。

関連記事

レコードやCDの買取はエコストアレコードにお任せください!
Ecostore Records(エコストアレコード)

エコストアレコードはおかげ様で累計買取枚数500万枚を突破し、30年以上もの間レコードの買取・販売を行っております。 郵送買取でお送り頂く送料、キャンセル返送料、手数料、お送り頂くダンボール、ガムテープ、ボールペンなど全て無料でご利用頂けますのでお客様は梱包キットにしたがってお送り頂くだけでカンタンにご利用頂けます!また買取のお値段が気になる方は写真をお送り頂いて大まかな査定金額が分かる「仮査定サービス」もございますので安心してご利用頂けます。


関連サービス


エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター

古物商許可番号:第303310107001号/東京都公安委員会


Copyright(C) ECOSTORE RECORDS

001