【アーティスト別コラム】レコード買取で話題のモーターヘッド(Motorhead)について紹介 | レコード宅配買取件数 全国1位 - NHKおはよう日本で紹介! | エコストアレコードの買取

エコストアレコード
FTF株式会社はプライバシーマーク取得企業です 簡単!お申込!メールはこちら

携帯・スマホからもOK!土日・祝日も承ります

0120-888-378

24時間電話受付中!(20:00~9:00留守電対応)

レコード買取についてのコラム

【アーティスト別コラム】レコード買取で話題のモーターヘッド(Motorhead)について紹介

【アーティスト別コラム】レコード買取で話題のモーターヘッド(Motorhead)について紹介

イギリスで誕生したモーターヘッド(Motörhead, Motorhead)は、世界中を熱狂させた伝説的なロックバンドです。1975年から40年にもおよぶバンド活動は確かな人気ぶりを示し、レコードからCDの時代に移り変わっても紙ジャケットでデビューアルバムが再発されるほどのニーズがあります。モーターヘッドの買取が求められているレコードの特徴や作品について紹介します。

 

モーターヘッドはどんなバンド?

 

モーターヘッドは、1975年に活動を開始したイギリスのロックバンドです。ボーカルとベースをつとめたレミー・キルミスターの没年である2015年まで、40年に渡り活動を続けました。ハイスピードな爆音を響かせ続ける楽曲は、ハードコア・パンクやヘヴィメタルなど複数のロック分野にまたがり、音楽性も時代も超越してきたのが人気の理由の一つ。ですが、創設メンバーのレミーはロックンロール・バンドであることを一貫して主張。世間がモーターヘッドをヘヴィメタルとカテゴライズする見方についても、反論するほどでした。ともあれ、世界で大きなレコード売り上げ枚数を誇ってきたモーターヘッドが、スラッシュやハードコアの後発バンドに多大な影響を与えたのは事実です。

モーターヘッドのメンバー構成は、3人〜4人と活動期間中で移り変わっています。全期間を通して活動したメンバーは、レミー1人。実際、レミーはモーターヘッドのほとんどの楽曲を作成し、バンドの主催者といっていいでしょう。レミーが1975年に結成したバンドをモーターヘッドと改名し、初めてレコーディングしたアルバムは当初お蔵入り。しかし、後の1979年に「オン・パロール」というタイトルで発売されています。彼らのデビューアルバムとなったのは、1977年に発売された「モーターヘッド」。邦題は「鋼鐵の稲妻」です。

飲酒や喫煙を欠かさず、極悪キャラのイメージも持たれがちだったレミーですが、一方では読書家で愛息パパな一面も知られ、少なくとも音楽的には伝説的という冠にふさわしい才能を余すことなく発揮。少年時代からビートルズなどのライブに通い詰め、モーターヘッド結成前にはジミ・ヘンドリックスのサポートスタッフだった経歴も持っています。ロックンロールと共に爆走したレミーの生き様は、モーターヘッドの楽曲同様にファンからリスペクトされています。” 高価買取されやすいモーターヘッドのレコードの特徴について モーターヘッドのデビューアルバムは1975年に発売されたレコード盤で、アナログ時代の録音という希少性からも高価買取されやすい傾向があります。メンバーの変遷が激しいバンドでもあるため、短期間のみ在籍したメンバーが参加したアルバムなども人気です。美品かどうかも買取価格に影響しますが、発売背景から希少価値の高いレコードもあります。

 

モーターヘッドのタイトル紹介

 


「Motörhead 鋼鐵の稲妻 / YX-7209-CW」

1977年に発売された原題「Motorhead」は、日本では1978年にコロムビアが「鋼鐵の稲妻」という邦題でリリースしました。モーターヘッドのデビューアルバムのアナログレコード盤という貴重性に加え、コロムビアから別会社へと国内の権利が移ったことにより廃盤になったため、希少性が高いレコードとなっています。当時の日本ではモーターヘッドの立ち位置が誤解されていたり、ハードロックなのかパンクなのか認識しにくいと思われていた背景があり、枚数の普及にも限りがあったといわれています。後に世界的な人気が日本ファンにも浸透したモーターヘッドですが、時代はレコードからCDへと移り変わり、アナログ盤のレコードは希少な価値を持っています。

当店ではこちらの帯付きの美品レコードを40,000円で買取しました。

 
 


「Ace Of Spades エース・オブ・スペイズ / VIPX1555」

1980年にリリースされた「エース・オブ・スペイズ」は、UKアルバムチャート4位を記録した名盤です。デビューアルバムから4枚目にあたる作品で、表題曲の「エース・オブ・スペイズ」もシングルチャートで15位を飾る快挙。モーターヘッドファン以外からも、高く評価されたことを示した証しではないでしょうか。ジャケットには、レミー、エディー・クラーク、フィル・テイラーという当時のメンバーがポーズをとる写真。モーターヘッドのアルバムジャケットによく登場する牙をむいた豚のキャラ・ウォーピッグの姿はなく、思わずジャケ買いしてしまいそうな様相なのも人気の理由かもしれません。

 
 


「Another Perfect Day アナザー・パーフェクト・デイ / VIL-6055」

1983年にリリースされた「アナザー・パーフェクト・デイ」は、日本での当時のタイトルが「悪魔の化身」。原題とはまったく異なるタイトルが、日本でのモーターヘッドの認識を彷彿とさせています。UKチャート20位まで昇りつめたアルバムで、メンバーがレミーとフィル・テイラーの他に1年だけ在籍したブライアン・ロバートソンが加わっているところが特徴です。

 
 

モーターヘッドのレコード買取で迷ったらご相談ください

 

モーターヘッドは、世界で大きなレコード売り上げ枚数を誇ってきた実績があります。そんなモーターヘッドのレコードがお家に眠っている場合は、お気軽にお問合せください。エコストアレコードはレコード買取・販売の実績が長く、累計買取枚数も1,000万枚を突破しています。専門的な知識が豊富で、お客様のご相談に丁寧に対応できるレコード買取・販売店です。

 
 

 
 

※本サイトに掲載されている記事の著作権はFTF株式会社に帰属します。投稿した記事のリライトの可能性が高い場合は顧問弁護士と協議の上、即日中に法的な処置を行います。

関連記事

レコードやCDの買取はエコストアレコードにお任せください!
Ecostore Records(エコストアレコード)

エコストアレコードはおかげ様で累計買取枚数500万枚を突破し、30年以上もの間レコードの買取・販売を行っております。 郵送買取でお送り頂く送料、キャンセル返送料、手数料、お送り頂くダンボール、ガムテープ、ボールペンなど全て無料でご利用頂けますのでお客様は梱包キットにしたがってお送り頂くだけでカンタンにご利用頂けます!また買取のお値段が気になる方は写真をお送り頂いて大まかな査定金額が分かる「仮査定サービス」もございますので安心してご利用頂けます。


関連サービス


エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード レコード買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード CD/DVD買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード 法人買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター
エコストアレコード オーディオ買取センター

古物商許可番号:第303310107001号/東京都公安委員会


Copyright(C) ECOSTORE RECORDS

001